2013年05月02日

支援

ずっと行きたいと思っていた特別展に行って参りました。
DVC00066.jpg
仙台市博物館で3月から開催されている特別展
『若冲が来てくれました〜プライスコレクション 江戸絵画の美と生命〜』。

若冲を知るきっかけは大野さんで、
知ってからはTVやら本・雑誌やらではいくつか作品を見ていましたが、
生で見るのはコレが初めて。
そもそもあまり絵とか興味ない方だったりするんですが(苦笑)、
でもコレは行って良かったです。

やっぱり実物見ると全然違いますね。
二次元の物なのに毛並みとかツヤ感とかごわごわ感とか柔らかさとか、
さらにはしっとりした重さとかそういうものまで表現できるって凄いと
ただただ感動させられました。虫食いの葉っぱとか書いちゃう若冲にも
あぁ好きだなぁって思わせられたし。

それと今回プライス夫妻がこの特別展を是非東北で!と思ってくれた
その優しさとか温かさとか、そういうモノも感じられたので、
凄くありがたいなぁとちょっとうるっとしちゃいました。
(東日本大震災の報に接したプライス夫妻が「東北の人々に美しいものをお見せしたい」と
選りすぐりの絵画100点をアメリカから東北の地へ運び、開催してくださった展覧会なのです)


いろんな支援の形があるんだなぁと改めて考えさせられました。
この特別展に足を運んだことも支援の一つになってるといいな。

posted by 優紀 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ニッキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。